省エネ、LED照明、太陽光発電(オール電化)など電気設備工事のことならテクノ電工


太陽光発電・オール電化

資料ご希望のお客様に小冊子2冊のうちどちらかを無料プレゼント!

「発電貯金」ならお金がほっといてもたまるー太陽光発電を120%楽しむ方法

岩堀良弘氏の著書 「発電貯金」ならお金がほっといてもたまるー太陽光発電を120%楽しむ方法のダイジェスト版です。

太陽光発電で暮らしが変わった

太陽光発電システムを導入したお客様の、生の声を集めた事例集です。

お問い合わせはこちら

上記お問い合わせフォームよりご希望の小冊子を明記のうえ、お名前、ご住所、お電話番号をそえて、送信して下さい。

太陽光発電システムについて

各地方自治体の太陽光発電の助成金制度について

2009年度は国と東京都、埼玉県と神奈川県で太陽光発電の補助金が交付される予定です。自治体によっては市区町村からも助成される場合もありますので、東京都や埼玉県、神奈川県にお住まいの場合 最高で3ヶ所から補助金が交付されることになります。今なら補助金を利用してお得に導入が可能です。

国の補助金について
2009年から始まりました、国の補助金は、太陽光発電システムを導入する1世帯につき、1kWあたり7万円です。上限は10kW未満、つまり最大約70万円まで補助を受けることが出来ます。一般的な家庭に導入される太陽光発電は、だいたい3〜3.5kw分のため、補助費用は1戸当たり21万〜25万円程度となります。全国の設置者が補助対象となります。
交付条件としては、kw70万円(税抜き)以下のシステムを設置すること、各メーカーの10年保証などを受けられる設備であることです。
簡単にいいますと、太陽光発電の設置費用が安く、品質の高い設備が補助金の対象となります。これは、設置費用の高い悪質な業者や手抜き工事などの業者は補助金を受けられないようにするための政策措置のようです。
交付条件のkw70万円(税抜き)以下のシステムというのは、実はシャープ以外の太陽光パネルには、結構、厳しい条件となっていますので、業界全体の太陽光発電システムの価格低下を促す措置でもあるようです。
補助金額 1kWあたり7万円
上限 10kW未満(最大 約70万円)
交付条件 kW70万円(税抜き)以下のシステムを設置すること
各メーカーの10年保証などを受けられる設備であること
東京都の補助金について
東京都が2009年から始めた補助金制度は、太陽光システムの出力1キロワットあたり10万円を補助するというものです。上限は100万円で、標準的な家庭向け太陽光発電システムの出力はだいたい3キロワット程度ですので、ほぼ30万の補助を受けられる と考えてよいと思います。
自治体の補助金の予算と比べ、かなりの予算を確保していますので、東京都のだいたいの設置者に補助を受けられると思います。
東京都の補助金制度の実施期間は、2年を見込んでいますので、設置をお考えの方は、今年設置を検討されることをお勧めします。
◎地方公共団体の補助金について
港区の補助金について
文京区の補助金について
墨田区の補助金について
杉並区の補助金について
豊島区の補助金について
北区の補助金について
板橋区の補助金について
足立区の補助金について
江東区の補助金について
中央区の補助金について
立川市の補助金について
葛飾区の補助金について
武蔵野市の補助金について
大田区の補助金について
荒川区の補助金について
品川区の補助金について
多摩市の補助金について
調布市の補助金について
小金井市の補助金について
埼玉県の補助金について
埼玉県が2009年から始めた補助金制度は、新築の場合、太陽光システムの出力1キロワットあたり3万円、既築の場合、太陽光システムの出力1キロワットあたり6万円を補助するというものです。上限は両方とも3.5kwまでで、新築の場合は、上限10.5万円、既築の場合、上限21万円です。
これは、新築の物件より、すでにある住宅に太陽光発電を設置したいという、埼玉県の方針からこのようになっているそうです。
予算は4億、2600戸を想定しています。自治体の補助金の予算と比べると、かなりの予算を確保していますが、早い段階で終了してしまうことも予想されますので、設置を考えている方は、早めにした方がよいかもしれません。
◎地方公共団体の補助金について
川越市の補助金について
熊谷市の補助金について
川口市の補助金について
草加市の補助金について
狭山市の補助金について
深谷市の補助金について
朝霞市の補助金について
坂戸市の補助金について
神奈川県の補助金について
神奈川県が2009年から始めた補助金制度は、各自治体の補助制度の金額に上乗せする方式で、太陽光システムの出力1キロワットあたり3万5千円を補助するというものです。上限は12万円です。
神奈川県の補助金は、自治体が補助制度を行なっていることが受け取れる条件ですので、地区によっては受け取れない場合もありますので、注意が必要です。
神奈川県の補助制度がこのようになった背景は、自治体の補助金制度をもっと増えるように促す狙いがあるとのことです。
各自治体の補助金の件数に依存していますので、事前に調べておくことをお勧めします。
ご自宅の地域の自治体の補助制度を知りたい方は、お調べいたしますのでお気軽にメールや電話などで、ご相談ください。
◎地方公共団体の補助金について
横浜市の補助金について
横須賀市の補助金について
平塚市の補助金について
逗子市の補助金について
海老名市の補助金について
小田原市の補助金について
川崎市の補助金について
綾瀬市の補助金について
自治体の補助金について
市区町村でも補助金制度を行っている地域はあります。例えば、東京都では、2008年度では21の地区の自治体が補助金を出していました。自治体の補助支援は、補助金による支援と融資や利子補給などのローンの補助などが、一般的です。
融資などを受ける場合には、その地区に何年以上住んでいなければならないなどの、条件がある場合がありますが、補助金による支援の場合は、その地区に太陽光発電を設置するだけで、条件をほぼ満たせる場合が多いです。
そのかわり、すべての自治体が補助をおこなっているわけではありませんので、自分が設置したい地区に補助制度があるか、確認する必要があります。また、自治体の予算の都合上、年度ごとに補助を受けられる数が決まっている場合が多いです。(ほとんどの自治体は、先着順に申請を受けて、予算上限に達したら、その年度の補助金は終了となります。)申請できるかどうかは、その地区のHPなどで確認が出来ます。また、国からの補助予算で行っていた地域では、国の補助金と併用できない場合もあります。詳しくは弊社へお問い合わせください。
太陽光発電・オール電化についてなんでもご相談ください

TEL:045-778-7550 お電話でのお問い合わせは、月〜土 9:00〜17:00でお願いします。

お問い合わせフォームはこちら

↑ページのトップへ